Profile

私は自身や自身の作品を紹介するものはほとんどありませんし、あるいは、説明するべきミッションも持たないと思います。

自己紹介のようなもの

サラリーマンのコスプレをして仕事をしているふりの著者(2020年11月)
  • 名前
    • Yasu
      名前の始まり2文字をローマ字化したもの。
      妹からは「やっさん」と呼ばれています。
    • くわっち、くわっちゃん
      姓の始まり2文字をニックネーム化したもの。
      中学・高校の同級生は「くわっち」を使い、仕事の同僚は「くわっちゃん」を使います。
  • 生年月日
    • 197X年9月7日
      カップヌードルさんや日本マクドナルドさんは同年代です。
  • 性別
    • 男です
      「おねえですか?」と遠慮を知らない高校生に聞かれたことがあります。どうかしらね?
      「私、イケメンは嫌いなのよね」というのは元妻の弁。

職業

 神奈川県民の皆さまが納められた税金からお給料をいただいております。

 2019年3月まで、福岡県で働いていました。パワハラ、モラハラ、セクハラと数々のハラスメントを受け、メンタルはどん底。公私ともに何もかも嫌になり、退職しました。

 2019年4月から、障害者採用で某省の出先機関に転職しました。職歴加算はされていたものの、給料は半減。養育費の額が下がるというメリットもありました。しかし、仕事の内容が自分に合っておらず、メンタルにも悪く作用しました。11月に臨時的任用職員として仕事のオファーをいただいたので、2020年2月から元の仕事に戻りました。

 2020年7~8月に行われた元の仕事の採用試験で合格をいただいたので、2021年4月には正規採用される見込みです。

潜伏先

東海道五十三次平塚宿(平塚駅構内)

神奈川県平塚市中里
「七夕とヤクザの町」とは口の悪い妹の弁。
七夕を期待して2020年2月に転居したものの、新型コロナウイルスのパンデミックによって大規模な七夕は中止に……😢
家から仕事場までドアツードアで10分。憧れの職住近接を実現しました。

ヴェルニー公園からの風景(2019年10月)

神奈川県横須賀市長井(2019年4月~2020年1月)
前の仕事で国家公務員として働いていたときの官舎。
横須賀市というよりほぼ三浦市といった方が合っている。
バス停まで10分歩き、始発のバスに乗って40分揺られる間はぐっすり寝ていた。時折、ベースが閉じて(米海軍基地のゲートを狭くして出勤時の検査を厳しくすること)いて渋滞が発生し、出勤時間が読めなくなることもあった。帰路も大渋滞。10分後に出発したバスに追いつかれることも度々あった。
最寄りのコンビニまで歩いて5分、安いスーパーは車で20分ほどかかった。
隣の部屋は同期採用の方だったが、3か月ともたずに退職。
神奈川県の臨時的任用職員に転職したため、退去。

趣味

空気銃射撃のセッティング
障害者射撃、空気銃射撃のセッティングの一例(2020年11月)
  • 写真
    親の代からNikonを使っていたものの、重さと高さに負け、最近はOLYMPUSのミラーレス一眼を使っています。
  • 武器を使ったスポーツ
    リハビリを兼ねてアーチェリーを始める。
    障がい者スポーツ協会の方に「射撃もありますよ」と紹介され、ビームライフルや空気銃による射撃も始める。
  • ゲーム
    最近はスマートフォン・タブレットでゲームをしています。
    また、パソコンでマージャンゲームもしています。
  • 漫画読書とアニメ視聴
  • パソコン
    NECのPC-9801RA21というパソコンが初めての自分専用パソコンでした。
    Windowsとフライトシミュレータを動かしてみたくてPCを自作するようになりました。20代のころは、年に1台は組んでいた勘定になります。
    最近は場所を食わないノートパソコンを専ら中古で手に入れて使っています。2020年11月29日現在の所有パソコンは以下の通りです。
    • Lenovo ThinkPad T550
    • Lenovo ThinkPad X1 Carbon
    • Lenovo ThinkPad Yoga 260

病歴

  • 睡眠障害(特発性過眠症・不眠症)
    高校時代に発症。授業が始まって10分も経たずに眠り込んでしまう。どんなに睡眠時間をとっても昼間の強い眠気は消えない。よくぞ大学まで卒業できたものだ。
    就職しても状態は変わらず、管理職から進退を迫られることも一度や二度ではなかった。
    2008年に管理職から睡眠障害ではないかと指摘され、専門医を受信すると果たしてそうであった。診断後、眠気を抑える薬を飲み、昼間の強い眠気は「ある程度は」制御できるようになった。(それでも執務室の机で沈むこともある)
  • 頸椎ヘルニアとか色々
    2004年6月、交通事故の衝撃で右上半身のあちこちを損傷。リハビリの甲斐なく(模範的な患者ではなかったが)、右手の機能は下がる一方。
    2008年1月、事故による右上肢機能全廃で、身体障害者手帳2級を交付されました。
  • 虫垂炎からの腹膜炎
    2011年8月、お腹が痛い日が続く。仕事を休みたいと言うと「そんなこと言ってサボろうなんて通用しない」と元妻に家をたたき出される。時間が経つにつれて腹痛は強くなり、課業後即病院へ。「入院できますか?」と医者、「明日は出張があるので無理です」と私、緊急手術を受け、その後3週間の入院。
  • うつ病
    就職して3年間、8時から21時までの拘束、さらに3年目には5月6日から3か月半連続無休日、当時の分掌のトラブルも重なり、最初のメンタルブレイク。3割負担の医療費に耐えかねて治療を中断。
    2016年、片道90分の通勤時間と、慢性的な職場のネットワーク障害が原因で胃潰瘍と十二指腸潰瘍を発症。投薬治療を受けるも改善せず、精神科へ転科、うつ病の診断を受ける。
    「薬づけにされて殺される」という現代医学を嫌う妻の希望で「副作用のないw」漢方薬で治療する精神科医を受診。だらだらと続く。
    「ストレス原因は家と仕事なのだから両方とも絶たないと治らない」というセカンドオピニオンが正しかったようだった。