サイドロッドを借りてみた

倶楽部湘南の練習会。

前回の射会では矢のグルーピングが最悪だったので、矢のグルーピングを良くするにはサイドロッドを付けることが必要なのではないか、と考える。

倶楽部の代表がたまたま1セット持っていたので貸していただく。

エクステンションロッド・Vバー・サイドロッドを装着
弓具全体はこうなる

そして試射。8射中8本を7点圏内(黄色と赤の同心円内)に収めることができた。だがその後は段々と重さに負けるようになり、フォロースルーを保てなくなったり、完全に引ききることができなくなる。

どのロッドにどのぐらいウエイトを付ければいいかを調べた上で発注することになるだろうか。少ないボーナスが溶けてしまうな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。